歯肉炎や歯周病、虫歯などを予防、早期治療するためにはなるべく定期健診をするのが理想です。その他にも、最近ではインプラント治療の技術が進化してきて、治療を検討している人もいると思います。知って得する情報を紹介していきます。

インプラント治療の気になる費用は?金額は高い?

考える男性

インプラント治療を考えるときに気にする部分の一つが費用面です。
インプラントは、保険適用外となっているため費用が高額な傾向にあるためです。
自由診療に分類されるため、治療費の全額を基本的には負担するという形になります。

一口にインプラント治療の費用といってもかかる費用が複合的にかかる点も特徴です。
精密検査及び受診料については約15,000から50,000円かかるのが相場となっています。
インプラント外科手術代は約100,000円から385,000円と幅広いです。
義歯や人工歯の費用についても約100,000万から150,000円までかかってしまいます。
さらに、装着した後のメンテナンス費用についても約5,000円から10,000円くらいはかかってしまいます。
さらに麻酔などの代金もかかるため、トータルで考えると安くても300,000円くらいはかかると考えたほうが良いでしょう。

では、高額な価格を抑える方法についてはないのかというとそういうわけではありません。
安くなる要素についてはいくつかあります。
例えば義歯・アバットメント・フィクスチャー・スクリューなどに使用する素材については利用しやすいものを使えば安くできます。

インプラントの値段については歯科医院によってまちまちであることが特徴で、導入している方法によって相当な価格差があることが特徴です。
手術方法についても、アバットメントと呼ばれる口の粘膜と接して高さを調節する役割を持つパーツがあります。
それをどうスクリューまたはフィクスチャーと呼ばれる歯ぐきの骨の部分に埋入して歯を動かす時の固定源に用いるネジの部分と接続するかによって料金が変わってきます。

歯科で治療を受けるにあたっては、施術方法についてきちんと説明してくれるところを選んで治療を受けておいたほうがよいといえるでしょう。
それから、インプラント治療を成功させるにあたっては歯医者の技術レベルによっても大きく費用面で異なる面もあります。
下手な歯医者のもとでは、アフターサービスがしっかりとしていないこともあり費用面でも大きな負担がかかってしまうことになります。
できるだけ実績のある歯科クリニックを選んでいくようにしておくことが大事といえるでしょう。

高額な治療費については、医療費控除の対象になることもありますのでこのあたりについてもしっかりと問い合わせて確認を取るようにします。
個人で加入している保険で代金が賄える場合もありますので、費用が高いといってもあきらめないことが大切です。