歯肉炎や歯周病、虫歯などを予防、早期治療するためにはなるべく定期健診をするのが理想です。その他にも、最近ではインプラント治療の技術が進化してきて、治療を検討している人もいると思います。知って得する情報を紹介していきます。

インプラントのきっかけは歯が抜けた時!?

手のひらに乗っている抜けた歯

最近、インプラントを行う患者さんが増えています。
それに伴い、扱っている歯科医院も増えているのですが、インプラントがどのような治療かよく分からないという人がいるのも事実です。

インプラントというのは、歯がなくなった部分に対して行います。
永久歯は一度抜けると二度と生え変わることはありません。
骨にチタンを埋め込む手術をして、骨とチタンが結合してから人工歯を装着することで、本物の歯のように噛むことができるという治療です。
今までも、歯がないときの治療として入れ歯がありましたが、入れ歯は粘膜の上にのせているだけの治療です。
治療期間は数カ月かかりますが、インプラントは骨とチタンが結合しているので、自然な噛み心地を得られ、見た目もきれいだという特徴があります。

インプラントをするきっかけというのは、患者さんによって異なります。
1番多いのは、歯が抜けてしまったときで、抜けた部分を補う目的で治療を行います。
入れ歯という選択肢もありますが、入れ歯は噛みにくく、外れやすいというデメリットがあるため、インプラントを希望するというわけです。

また、入れ歯治療を受けたけれども、食べにくいのでインプラントに変更するという患者さんもいます。
入れ歯は健康保険が適用されるので、費用が安いというメリットはあります。
最初に入れ歯治療をしてみて、自分に合わなかったからインプラントにするという患者さんです。

インプラントは、噛み心地も見た目もいいというメリットがありますが、チタンを埋め込む際に手術が必要であったり、健康保険の適用にならないので治療費が高いという負担があります。
最初は入れ歯を使ってみるという患者さんも多いです。

そして、虫歯や歯周病で抜歯が必要になった患者さんが選択することもあります。
奥歯の親知らずやその付近の永久歯を抜歯した場合、食事に影響が出やすいのです。
手術の方法にもよりますが、抜歯したその日のうちにチタンを埋め込むことができる術式もあります。
対応していない場合は、抜歯をしてしばらく骨の状態が落ち着くのを待ってから手術を行います。

歯がなくなるというのは、多くの患者さんにとって、見た目が悪く食べ物が噛めないというデメリットだけでなく、発音などにも影響が出てしまいます。
インプラント治療をすることで、入れ歯では噛むことができなかった固い食事も食べられるようになり、見た目もきれいにすることができます。
歯が抜けるのは年を取ってからと考える人もいますが、スポーツ中にぶつかったり、事故などで歯を失ってしまう若い人もいます。
インプラントという治療法があることを知っておくといいでしょう。